治せる身体づくりのために

対処療法がメインの現代医学は、症状は改善しているように見えても、その場しのぎで根本から病を治せていないと考えます。
本当の意味で、身体を治す。
治せる身体を作っていくために、当院は、構造医学をベースに一貫した治療法で、「トータルボディコーディネート」を目指し
健康で豊かな生活を送れるような治療を追求します。

様々な症状に合わせた機器と治療

手技療法と・物理療法(アイシングやホットパック)
運動療法・日常生活での身体の使い方指導が中心となります。
体に負担をかけ痛みを伴うような治療はありません。
人間の体にはもともと素晴らしい自然治癒力が備わっており、痛み止めなど薬を飲まなくても治る症状がたくさんあります。
当院では体に負担をかけない方法で、体が本来あるべき状態に戻し、機能するよう、不調部位やその周辺の環境を整えます。
治療を繰り返し行うことで徐々に不調部位が回復し
「いつの間にか痛みや不調がなくなっていた…」
というのが当院の治療効果です。

各種脊柱の疾患に対しての治療が可能な
「脊柱非観血外科処置台」
筋肉のハリをほぐし関節の動きを滑らかにする
ローラー治療
治療した状態を安定させる目的のテーピング
関節の動きを滑らかにする運動療法

あらゆる不調や悩みに

当院院長は20年以上構造医学をベースに、一貫した治療法で日々治療に励んでまいりました。
腰や首、肩など体の痛みはもちろんのこと、子供の不良姿勢や産前産後の骨盤ケアなど、 お子様からご年配の方まで、体のあらゆる不調や悩みに対応しています。

こんな悩みにおこたえします。

首・肩・腰・膝・足その他の痛み
しびれ ・四十肩

原因不明の不調

レントゲンで異常なかったが不調が続いている など

産前産後の骨盤ケア

事故や病気、怪我の後遺症

ストレートネック
側湾症・すべり症

・背骨のS字曲線が真っ直ぐ になっていると診断された
・姿勢を正しくしたい

スポーツなどによる怪我

テニス肘など、スポーツ後に特定の痛みや不調が出やすい。 特定のスポーツを楽しむ為に体をメンテナンスして おきたい。など

日常のメンテナンス

・不調が起きないように定期的なメンテナンスをしたい
・薬などにたよらず健康な体を維持したい

院長紹介

殿川将吾

接骨院・整形外科に勤務し、接骨院の分院の院長を経て平成19年6月25日に当院を開業。
・柔道整復師 
・日本構造医学会 会員
・構医認証 認定    

「杏林予防医学研究所アカデミー中級講座修了」      
「タイトリストパフォーマンス研究所認定」(TPI)
・ゴルフフィットネストレーナー(JGFO)認定   

趣味

ゴルフ・ランニング・スポーツ観戦・キャンプ・健康  

ごあいさつ

早いもので整骨院で治療に励むこと20年以上が経ちました。
健康ブームにのって様々な情報が氾濫する中で、自分に合った治療法、予防策を選択することは大変難しいことだと思います。そのような社会の流れの中でもこの20年間、私の治療法が一貫して変わることがなかったのは、吉田勧持先生に薫陶を受け、先生が提唱された構造医学という考えに共感されたからに他なりません。
そして、確かな治療の効果を確信してきたからでもあります。
今後も私の考えや治療法が変わることはなく、一人でも多くの患者さんのお力になれば!という思いで精進して参ります。
また、これまでは主に患っている痛みに対して対応して参りましたが、今後は痛みや体の様々な不調に「予防」の観点からのアプローチを更に強化していきたいと心新たにしています。
ご自身の体のこと、ご家族の健康のこと、お気軽にご相談下さい 。